カネゴンのつぶやき

埼玉県立不動岡高校吹奏楽部の顧問(カネゴン)が、部活、市吹、吹奏楽、家族の事などを書いています。ほぼ毎日更新。 YouTubeチャンネル「カネゴン・チャンネル」 FWOの演奏、世界史の授業などUpしています。

2017年01月

 毎年恒例の高等学校音楽祭。
 吹奏楽、合唱、器楽の三専門部と高等学校音楽教育研究会が共催している発表会なので、様々な形態の発表を鑑賞することの出来る貴重な機会です。また、東部地区だけの試みとして特別支援学校の皆さんも出演して下さり、様々な刺激を頂く事が出来ます。

 午前中は不動岡高校吹奏楽部はステージ係を担当して、なんとかスムーズに進行することが出来ました。演奏時間が短めの団体もあって、なんとかなりました。ステージ袖からの鑑賞でしたが、少人数でもしっかりと演奏している団体が多く、自分が以前の学校で小編成の部活を指導していた頃を思い出しました。どこの学校でも、それぞれの環境の中で最大限に努力をしていると思います。本当に大変な中で今日の発表会を迎えている学校も多いはずです。不動岡も含めて。

 たくさんの刺激を頂いて、不動岡高校は最後に演奏させて頂きました。バタバタしながらも、最後は気持ちよく演奏することが出来ました。この日は松伏高校や越谷西高校といった埼玉を代表する学校と一緒のステージでした。とても勉強になる一日になりました。また、ゲスト演奏の守岡さんのトランペットが素晴らしかった。本当に素晴らしかったです。また聴きたいな~。

 という事で、充実の一日になりました。
 また明日から頑張るぞ~!!

 本日はバンドセッション練習日の第2回目。
 今回から中学校2バンドと高校北バンドという3団体が不動岡で練習します。本当に遠いところをありがとうございます。そして90人ほどのバンドが3つも不動岡で練習するということで、狭い場所で本当にすみません。

 私が指揮する中学校2年生バンドでは、クラリネットの先生、リペアマンをお招きして、クラリネットパートのてこ入れを図りました。やはり楽器の調子が思わしくない生徒が多くいて、調整した後に劇的に状況が改善された生徒が多数で出ました。また、リードも選び方から、新品のプレゼントも実施。これでクラリネットは完璧だ!

 ということで、バタバタしながらもなんとか練習が終了。どの曲も良い感じになってきました。ここからさらに磨きをかけて、本番はアッと言わせる演奏をしてきましょう!!かっこよく、ばしっと決めましょうね~!!

 さて、夜は川越東高校へ移動して指揮法のレッスン。
 久しぶりに川本先生のレッスンで、貴重なアドバイスを沢山頂きました。私の大きな課題である頭、体を不用意に動かすことですが、やっぱり指摘されてしまいました・・・。もっともっと気をつけます!指揮は奥が深いな~。やってもやっても先はまだまだ見えません。最後まで見えないのかもしれません。

 本日は一日西関東アンサンブルコンテストの役員でした。半券チェックという事で、一日中入り口を見張る役割でした。演奏はほぼロビーにスピーカーから聞こえる音のみでした。それでも素晴らしい演奏ばかりで、ここまで上手な中学生はいったいどこの高校に行くのかな~と余計な事が気になりました。やっぱり西関東まで出るということは、すごいことですね。

 一緒の係の先生や、本部の先生方とお話しする時間もあり、貴重な一日となりました。一日生徒役員をやってくださった栄高校の皆さんにも感謝で一杯です。ちなみに翌日は出演ということで、連日所沢に集合だそうです・・・。お疲れ様でした。

 来年はこの舞台に進めるよう頑張りましょう。
 トップの壁は厚いですが、臆すること無く突き抜けましょう!!

 そして夜は市吹。久しぶりにB♭管のTubaを吹きました。というより、楽器を久しぶりに吹きました。本当にまずい状態でしたので、これから練習します。このままではTuba一本のドイツ演奏旅行は・・・・。非常にまずい。頑張るぞ~。

 6時半に羽田空港に到着。結局あまりよく寝られませんでした・・・。次回以降工夫が必要です。やっぱり眼鏡は気になりますね。映画もたくさん見てしまいました・・・。反省。

 今回は元気に羽田から出勤。1時間ほどで加須に到着しました。やっぱり高速道路はすごいな~。特に山手道は本当に早い!毎回感動します。そして1時間目から会議と頑張りました。その後家に寄ってからの、吹奏楽連盟常任理事会。いや~重たい内容も多く、次の理事会がまた長くなりそうです。どうなるかな~。

 ということで、復帰初日からエンジン全開。あんまりよくありませんね。ちょっとずつ調子を見ながら、頑張るようにします。また明日から練習を見られます。しっかりとエルカミーノレアルは仕上がってきているか、今から楽しみです!

 2月11日バンドクリニックへ向けて、皆さん頑張りましょう!!

イメージ 1


※右から私、Seowさん、Benedictさん、Christieさん、知らない方。(多分顧問の先生)
 シンガポール最終日は、一番の目的であるラッフルズ・ガールズ・スクールの先生方とのミーティング。
 この日は明け方まで小山田君と語り明かしたので、ゆっくり朝寝して、お昼に活動を開始。やっぱり病み上がりなので、無理はいけないなと思いしっかりと睡眠を取りました。

 さて、お昼は本番に到着した日に頂くレストランへ行き食事を確認。大変おいしく、これは生徒の皆さんも喜んでくれることでしょう。しかも食べ放題です!その後、ラッフルズ・ガールズ・スクールへ。宿泊するRELCinternatinalHotelから歩いて10分ほど。車ではあっという間でしたが、アンダーソンよりもセキュリティが厳しく、身分証名証を見せて名札を着用して校内に入りました。

 シンガポールではクラブ顧問の先生と指導をする指揮者、トレーナーは完全分業制。今回は指揮者のSEOW(セオウ)さんと顧問のベネディクトさんを始め、2名の先生方が対応して下さいました。3日間の交流プログラムをあっという間に話し合い、内容は見えてきました。また、コンサート会場や練習会場、そして生徒の皆さんの練習風景を見学させてもらいました。広瀬勇人さんの「ペルセウス~」と、ヴァン・デル・ロースト「ポンテ・ロマーノ」を合奏していました。

 ということで、これでシンガポール演奏旅行の概要が随分としっかり見えてきました。
 ちなみに指揮者のSEOWさんは若手指揮者注目株で、不動岡にも何度か来て下さっているウォンカチュンさんと並ぶプロフェッショナルだそうです。お互いに2チームの合同バンドを編成し、私とセオウさんで1曲ずつ指揮をします。楽しみですね~。

 ラッフルズ・ガールズ・スクールの次に、アンダーソン・セカンダリースクールへ!1年ぶりのアンダーソン・セカンダリースクールでしたが、懐かしくしかもとってもウェルカムな雰囲気。今回もいきなり合奏をするというハードルの高さですが、これも慣れました。結構良い感じであっという間の時間でした。これまた本当に本番が楽しみです。

 夜はチキンライスを頂き、大変おいしいお食事を頂いて夜の便で帰国となりました。
 シンガポールは素晴らしい国です。色々刺激をもらって、有意義な研修になること間違いなし!楽しみにしていてくださいね!!

このページのトップヘ