カネゴンのつぶやき

埼玉県立不動岡高校吹奏楽部の顧問(カネゴン)が、部活、市吹、吹奏楽、家族の事などを書いています。ほぼ毎日更新。 YouTubeチャンネル「カネゴン・チャンネル」 FWOの演奏、世界史の授業などUpしています。

2011年09月

 とうとうさよなら9月。
 そしてこんにちは10月。
 新体制となって約2ヶ月。早いものです。12か月あるうちの2ヶ月が過ぎ去りました。やはり早いものです。

 今年は昨年度の経験を生かして、基礎練習の充実に力を注いでスタートしました。その意識は随分と定着し、効果を見せています。でももっともっと考えて、修正して、さらに磨きをかけて行かなければなりません。

 周りの学校もみんな磨きをかけていることでしょう。
 だからこそ頑張らなければなりません。まさに切磋琢磨。この間川越東さんと合同練習しましたが、他の学校との交流が必要かなとも思っています。みんなの意識を高める事が何より一番大切な事でしょう。

 また新たなスタートです。
 10月はテストもあって20日くらいしかありませんが、ここでも課題意識を持って、更に一歩進んで参ります。

 みんなで頑張ろう!!
 この2ヶ月以上に充実した練習をして行きましょう!!!

 お疲れ様でした。
 

 同じ名前「和明」に魅かれて読み始めて第3段。
 これまでのシリアスな感じとは全く異なり、ちょっとどうかな~と思って読み進みましたが・・・。やはりそこは高野作品。素晴らしい。ところどころどうかな~というポイントが多々あり。例えばうつ病は病院へ行けば治る、現代社会へ対する批判的な態度がちょっと的を外れている部分とか。まあ色々と気になる香りはありつつも、とにかくお話としてぐいぐい引き付けるエネルギーを感じました。

 最後はとにかく急加速。
 思わず涙しました。
 これは本当にぐっと来る秀作です。また第4弾を読もうと決意しました。ちなみに金子家奥様、母ともに高野作品にはまっております。素晴らしい。

 ということで小説の世界で気分転換。
 やっぱり何でもメリハリが必要です。ふっと違う世界へ行くのも良い気分転換です。

 まあ毎日古代史、近現代史、そしてアジア史など、いろ~んな世界に行けて楽しいですけどね。頭の中がぐるぐる回りますが。でも素晴らしい歴史の世界。少しでも生徒の皆さんにわかりやすく、興味を持ってもらうべく頑張るわけです。

 部活を切り上げて会議へ。
 講習会の具体案が随分とまとまってきました。まだ詰めが必要ですが。何とか初めての試みである高校生が教える講習会、しかも3箇所での実施という企画を成功させたい!!多くの先生方の応援をいただきながら、頑張りって参ります!!

 夕食は同じ役員のH先生と。
 なんだか根掘り葉掘り練習内容を教えてもらっていました。今どんな練習をやっているのか。いっぱい教えてもらって、勉強、刺激になりました。やっぱり計画が大切だなと。しっかりと計画を見直しましょう。ちょうど9月もおしまい。

 10月も気愛で頑張りましょう!!
 この1ヶ月の積み重ねを確認して、ここからさらに積み重ねて行きましょう!!!

 連日会議が続きます。
 今日は指定校推薦の会議。短時間で終わりましたが。

 部活では基礎合奏。
 とにかくロングトーンの質を上げること。音階練習でもロングトーンの質を意識して取り組むこと。これを丁寧に繰り返しやっています。効果も見られますが、まだまだ限定的。曲の中で出てくるまでには時間がかかりますね。色々と工夫していきましょう。

 7時間授業だと本当に時間がありません。
 あっという間に部活が終わってしまいます。来週は駅前コンサート。バタバタとしますが、一日一日を大切に頑張りましょう!!

 明日は職員会議。終了後に吹奏楽連盟の会議。
 いや~会議の多い1週間です。
 3年生の担任なので、推薦書の嵐、面接練習。怒涛の2学期です。でも充実しています。一生懸命に取り組む3年生の姿を見ていると、全力でという気持ちが湧き上がってきます。

 さあ明日も頑張ろう!!

 今日は午後から高文連の出張ということで川越へ。 
 朝にアンサンブルの結果発表を行い、急いで申込書の作成。校長先生に印鑑をもらって、郵便局で参加費を払い込んで、それから授業して。昼休みにはクラスの生徒へ面接の礼法指導。

 やっと学校を出て川越へ向かいました。
 年に数回しかない会議ですので、遅刻はしてしまいましたがちゃんと出席をせねばと向かいました。するともう連絡報告事項。あれ?っと思っている間に終了。たぶん20分はなかったかな・・・。

 まさにヒットアンドアウェー。
 川越滞在時間は30分に満たない状態で学校へ。

 おかげで基礎合奏も見れたしよかったよかった。でもな~。なんだかな。ちょっと拍子抜けでございました。

 また明日も頑張るぞ~。
 

 とうとうこの日が来ました。
 アンサンブルの代表選考会。

 午前中は川越東高校へお邪魔して指揮のレッスン。叩きが甘い。そして場面転換が甘い。はい。修行いたします。ちょっと頑張ろうという気持ちがいつも以上に強くなる、素晴らしいレッスンでした。

 さてお電話をしていて急遽榊原先生も審査員になってくださいました。生徒はびっくり。そしてドキドキ度がぐんと増したことでしょう。

 演奏は。
 努力の成果がよく分かりました。とにかくやった分だけ演奏は良くなります。自分たちでもそれを体感したことでしょう。良い演奏をしたければ、それだけの努力を。どっかの漫画じゃないけど「等価交換」なんです。パチ○○じゃないけど。

 休日返上で練習を積み重ねていたチームも多く、とっても迷いました。でもそれはうれしい悲鳴です。悩む必要が無い位では・・・。

 ということで今回の代表はクラリネット8重奏「エモツィオーネ」と打楽器7重奏「鳥は凡て、地に還る・・・」で参ります。何としても本番で良い演奏をしましょう。観客、審査員が「お!」と思い、感動してくれる演奏をしましょう。

 ここのところ県大会での結果が振るいませんので、今年こそ綿密に準備して自信を持って演奏できるように頑張ろう!!まずその前に地区大会だ~~!!!

 ということで激動の一日。
 連休もおしまい。
 次は駅前コンサート!!!

 最後にお忙しい中を審査してくださった榊原先生ありがとうございました!!またよろしくお願いします!!

このページのトップヘ